AMHが低いと自然妊娠は難しいって本当?/赤磐市周匝/整体院ホーピスト

AMHとは?

AMHとは、抗ミュラー管ホルモンの略称です。

AMHは、病院の血液検査で測ることができ、その数値は、『卵巣の予備能』を表します。

この数値によって、卵胞の大まかな数を推測することができます。

ただし、このAMHの値は、個人差がとても大きいのも事実です。

病院で、「あなたはAMHの値が低いですね」 とか言われて、ショックを受ける方もいらっしゃいます。

でも、AMHが低い = 妊娠できない というわけではありません。

今回は、AMHの正体と、FSHとの関係性について、できるだけわかりやすくご説明します。

AMHの役割

そもそも、AMHとは、『卵胞がどれだけ残っているか?』を示しているわけではありません。

AMHは、『卵胞がどれくらい供給されているか?』を表します。

ややこしいので、まずは卵胞について簡単にご説明します。

卵胞とは、卵巣の中にたくさんストックされている、いわば、卵子の元です。

それがどれくらいストックされているかと言うと、まだあなたが生まれてくる前の段階(つまり胎児のころ)で700万個くらいのストックがあると言われています。

実は、卵胞の数というのは、生まれてくる前の段階ですでにピークなのです。

ですが、成長していくにつれて、卵胞の数はどんどん減っていきます。

生まれるときは200万個くらいまでに減ります。

思春期になるころには、50万個くらいに。

さらに、月経ごとに1,000個くらいの卵胞が消えていきます。

そして、月経周期のなかで、残った卵胞たちが順番に育ち、たった一個の卵子が排卵されます。

何百万もの卵胞があり、その中からたった一個の卵子が選ばれる、という奇跡のようなお話です。

生命の神秘と言っていいと思います。

で、AMHというのは、卵子の元になる卵胞がどれくらい供給されているのか?というのを教えてくれるわけです。

しかし、その一方で、AMHには、卵胞の成長にブレーキをかける役割も持っています。

その説明の前に・・・

FSHとは?

FSHというのは、卵胞刺激ホルモンの略称です。

その名前の通り、卵巣の中にいる小さな卵胞に対して、成長の魔法をかけるホルモンです。

卵胞たちに、「さぁ、出番ですよ。目を覚まして、大きくなりなさい!」と促してくれます。

つまりFSHは、卵胞の成長を促すためのアクセルです

AMHとFSHの微妙な関係

その一方で、AMHは、FSHに対してブレーキの役割を持っています。

せっかくFSHが卵胞を大きくしようとしているのに対して、AMHはそれに「待った」をかけます。

なぜ、わざわざそんなことをするんでしょうか?

もちろん、それには理由があります。

先ほどもお話したように、卵胞の数には限りがあります。

卵胞の数は、胎児のときがピークで、後は減っていくだけです。

そして、人間の場合、排卵する卵子の数は、基本的にたった一つです。

そのとき最も大きい卵胞(主席卵胞)からタマゴを排卵するわけです。

では、もし、FHSがどんどん分泌され続けたとしたらどうなるでしょうか?

残りの卵胞が一斉に目覚めて、いっぺんにたくさんの卵胞が育ってしまいます。

でも、排卵されるのは、一個だけ。

もしそうなれば、卵胞が無駄づかいされてしまうことになります。

そうならないために、AMHは、FSHにブレーキをかけます。

「今回は、もうそれくらいでいいよ」 という感じでしょうか。

ここで大事なのは、AMHとFSHのバランスです。

卵胞を成長させて、排卵させるまでのホルモンバランスが重要です。

そのバランスが取れていないと、生理周期と卵胞の成長サイクルにズレが出てしまうことがあります。

その結果、遺残卵胞になり、PCOS(多嚢胞性卵胞)になることもあります。

AMHが低いから妊娠できない、という単純な話ではなく、全体のバランス、調和が大事です。

もちろん、女性の生理に関わるホルモンはそれだけではありません。

他にもいくつものホルモンが複雑に絡み合って、ひとつの生命を生み出す準備をします。

ホルモンバランスの保ち方

ホルモンというのは、体内で作られる化学物質のことです。

そのため、ほんの少量でもカラダに大きな影響を与えます。

AMHとFSHに限ったことではありませんが、ホルモンのバランスを保つことは、人間が健康的に快適に生活していくためにとても大切です。

ホルモンの分泌量がほんのわずかでも多くなったり少なくなったりするだけで、カラダ全体のバランスが崩れることあります。

では、どうすれば、ホルモンバランスをいい状態に保つことができるのでしょうか?

当たり前すぎるお話ですが・・・

いい食事といい睡眠、そしてストレス解消です。

いい食事とは、良質な油とビタミン、ミネラルが大事です。

いい睡眠とは、寝る長さと、時間帯が大事です。

ストレスについては、生きていれば様々なストレスがかかります。それは仕方ないことなので、それを上手に解消することが大事です。

自分でできる子宮のケア

そして、もっとも大事なことが、子宮のケアです。

病院では教えてくれないことですが、内臓は自分でケアすることができます。

やり方はとても簡単です。

お腹の気になるところにゆっくり手を当てるだけです。

特に女性は、下腹部の子宮があるあたりにそっと手を当ててみて下さい。

寝る前に、ベッドで横になり、子宮に手を当ててゆっくり深呼吸。

子宮にキレイな血液が流れるようなイメージを持ってみてもいいかもしれません。

翌朝には子宮の状態が良くなってる!

なんてことはありませんが、3ヶ月くらいご自分で子宮の手当てをしてあげてください。

そうすれば、必ず子宮や生理の状態が良くなってきます。

ぜひお試し下さい!

でも、やっぱりカラダのことは、カラダのことを熟知したプロに任せるのが安心!という方は、当院にお気軽にご相談下さいませ。

漫画でわかる 優しい施術で自然治癒力アップ!体質改善して元気になる理由とは? 整体院ホーピスト 漫画:西村 章
ふう どうしたの? 最近 疲れが抜けなくて 頭痛もひどいし そう言えば最近あんた元気ね? あんたも頭痛持ちじゃなかった?
実は整体に通ってるの 整体?頭痛は関係ないでしょ? それが大ありなのよ! 近いよ…てかあんた肌きれいね
その整体は頭とかお腹を優しく触るくらいなんだけど 終わったら頭も体もすっきりして軽くなるの 3ケ月くらい通っているけどずいぶん元気になっちゃった
体質から変わっていく感じがするの 本気で何とかしたいなら絶対おススメだよ 整体院ホーピストっと… ふーん こんな施術があるんだ 知らなかった でも確かにいいかも… フムフム
そして予約の日 はじめまして院長の西村 章です 副院長の西村 有希子です まず最初にカウンセリングを行います 気になる症状などをお聞かせください
カウンセリングルームにて 肩こりはずっと…最近は頭痛が…腰も痛いし生理痛もあれやこれや 頭痛や肩こりなどの症状は… 『体の中でトラブル発生!早く何とかして!』という パタパタ 内臓ヤバイよ あなたの体が発したあなたへのメッセージです!
ですから肩がこるから肩を揉むというのはあまりお勧めできません それはせっかくのメッセージを無視しているということです どんなに疲れていても 一晩ぐっすり寝れば… 心も体も元気復活!これが理想です あなたにとって本当に必要なのは自然治癒力の回復です
そこで重要なのが! ぐいっ 脳脊髄液の循環です ≪脳脊髄液の役割≫脳神経の衝撃吸収 脳への栄養供給 老廃物の排泄 ホルモンバランスの調整 自律神経の調整 頭蓋骨 脳 脳脊髄液 硬膜 脊髄
骨格や内臓の状態が悪くなると脳脊髄液の流れも悪くなります その結果… どうしたの?なんか調子悪い… さまざまな不調や痛みを引き起こします 頭痛 肩こり 疲労感 不妊症 不眠 改善させるには脳脊髄液の流れを良くする必要があります 頭蓋骨への施術で脳脊髄液の流れを促します すると自然治癒力がアップ 不調も改善します
もう一つ重要なのが 内臓です‼ 何やってるの?べり いやん 内臓は加齢やストレスによる疲れが溜まると重力に負けて下垂します すると内臓の機能が落ちて様々な痛みや不調の原因になります
適切な力加減で内臓を調整することで内臓の機能が改善します その結果自然治癒力が回復していきます 体を調整しながら栄養や生活面を見直すことで健康な心と体が手に入ります 一緒にがんばりましょう
頭痛や肩こり、不調を根本から改善する整体
LINEで予約する
おすすめの記事