マーガリンの正体とは?ゴキブリも食べないって本当?

市原市の不妊治療・体質改善専門の整体院ホーピストの西村有希子です。ゆっきーって呼んでください。

昨年、ファスティングマイスター初級検定を受け、合格いたしました!

その講義でのお話をします。

マーガリンが含まれない食べ物を探す方が難しい!

マー ガリンが好きな人は私の周りでもたくさんいます。

体に良くないって言われていますよね。

というか・・・ほとんどのパンに含まれていますよ!食品表示をよく見てください!

スーパーのパン売り場の中で、マーガリンが含まれていないパンは、私が見た中では1,2種類しかありませんでした。

マーガリンだけでなくショートニングの油も危険です!!

ショートニングも、多くの加工食品に使われています。サクサクしたお菓子にはほとんど含まれていますし、パン粉にもショートニングが使われています。

ファストフードのサクサクのポテトにも、ショートニングが使われています。

ショートニングを含む食品

○ クッキー、パイ、アイスクリーム、揚げ物用油、ファーストフードでのフライドポテト、ドーナツなどなど

マーガリンの正体

マーガリンの原料は、液体の植物油です。液体をバターのような固体に保つ為に化学処理をしています。

化学処理とはどういうものかといいますと・・・

液体の植物油に水素を添加することで、液体を固体にするのです。

この固体化する過程で『トランス脂肪酸』が作られます。

この言葉、 聞いたことがあるかもしれませんね。トランス脂肪酸は、人体に悪影響を及ぼすことがわかっています。

マーガリンは、人工的に作っているので自然界には存在しないものです。

分子構造上、分解や代謝が困難です。

マーガリンを食べると、体の中でマーガリンの分解、代謝する際に、多くのビタミンやミネラルが消費されます。そのため、体に大きな負担がかかるのです。

トランス脂肪酸が危険な理由を教えちゃいます!

1、 体の中で分解することが難しい

2、 悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪を増加させる

3、 善玉コレステロール(HDL)を減少させる

4、 心臓病をはじめさまざまな病気の引き金になる

※ アメリカの食品医薬品局(FDA)は2015年6月16日に、トランス脂肪酸を含む油脂 をGRAS(一般的に安全と認められる)の対象から除外する規制を決定しています。この 規制は2018年6月18日から実施されているのです。

海外では規制がかかっているのに・・・・日本のものは安全と言われていた時代が嘘のようです。

では、ほとんどの食品に含まれているならどうする手立てもない・・・って

あきらめないでください。そこでファスティング(必要な酵素ドリンクを摂取し断食をする)や内臓整体でデトックスが必要になってくるのです。

ファスティングについて詳しくは

">こちら

当院のソフト整体(内臓クラニアル)で様々な不調や痛みなどが改善する可能性があります。

整体とファスティングを組み合わせると最強です!

お気軽にお問い合わせください(^^♪